タンク基礎に水分は大敵


 ● タンクの底板内面はライニングで防食できる。                                                          

 ● タンクの底板裏面は基礎上に定置している状態では、塗装もライニングも出来ない。

    ● 濡れている或いは、湿度が高く且つ酸素があれば必ず湿式腐食は進む。            

       ● 雨水が入らないようにして(雨水侵入防止)基礎と底板の間を乾燥しましょう。
     



※ 底板裏面の減肉速度は乾燥により極端に減少します。実機テスト結果をご紹介しましょう。

★ 50,000トン燃料油タンク底板裏面の除湿前の相対湿度

★ 50,000トン燃料油タンク底板裏面の除湿中の相対湿度

★ 50,000トン燃料油タンク底板裏面の除湿後の相対湿度

★ 除湿前と後ではアニュラ板張り出し部の減肉速度がこう変化した



 

a fuel tank